本日のお仕事(珍)|個人様大歓迎の有限会社林鐵工所

有限会社林鐵工所

その他

本日のお仕事(珍)

投稿日: 2011年08月09日

毎度お世話になっております。 WEB担当の林政樹です。 本日はいつもの加工のお仕事とともに、珍しい仕事が…。 実は私の前職は、某蛇口メーカーで10年近く鋳造をやっておりました。 意外と知らない方が多いのですが、蛇口と呼ばれる水栓器具は、銅の合金でできているのです。 構造は基本的には単純で、ゴムやなどのコマで穴を開閉して、水を出したり止めたりします。 そう考えると、壊れても直せそうですよね。 そういった理由から、自分の家や友人の家の水栓器具は、何度か修理や交換をやりました。 そして今日はトイレの水漏れ修理。 近所の業者へ連絡をしたら、メーカーに聞かないとわからないと言われたらしく、 一応書いておきますが、水栓器具の修理や交換は、あくまでも家や友人に限ってやらせていただいています。 修理を承っているわけではございませんので…。 さて、今回の修理品。 20110807-1.jpg おぉ…一体型。。 でも、ハイタンクタイプなので、何とかなるだろうと解体しました。 ハイタンクというのは、便座の後ろに水が溜まる水槽があるタイプのことです。 水を出すときには、タンクしたの弁を一気に開くことで、水を勢いよく流します。 水槽なので、基本的には水が外へ零れ落ちつことはありません。 が、ゴム製品や水栓器具の経年劣化により、そうなることもあります。 そしてその水を溜める水栓器具が、ボールタップと呼ばれるものです。 浮きがついており、それが水位上昇で上がると水が止まる構造になっています。 (代表的なボールタップ) ボールタップ さて、今回の水漏れもそのどちらかだと思いながら開いてゆくと… あまりに綺麗ではない画像なので、掲載は自粛しますが。 ボールタップから、オーバーフロー管へつながっているはずのゴムパイプが真っ二つに折れてました。 これにより変な方向へ水が飛んで、水槽の小さな隙間から水が滴り落ちていたようです。 しかしこのゴムパイプ… 触った瞬間に手が真っ黒になって、ボロボロを崩れ落ちました。 よくこんな材質のものを使っていたな…と。 工場からしっかりとしたパイプを持ってゆき、交換しました。 確認をして、水漏れなし。 無事に完了しました。 水栓器具の交換や修理は、意外と費用がかかるものです。 最近はホームセンタに部品が置いてありますので、一度ご自分でトライしてみるのもいいかもしれませんね。 以上、仕事とはあまり関係の無い話で失礼しました。 今後とも有限会社林鐵工所をどうぞよろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページの先頭へ